現金化の悪質業者を見抜く方法

クレジットカード現金化に対応している業者はここ数年大きく増加しています。それに伴って「悪質業者に騙された」という報告も多くなっています。

安心してこのサービスを利用するためにお勧めするのは「会社情報の有無」と「サイトの質」を確認することです。

 

大半の現金化業者はインターネットを利用した買い取りを行っています。これは手続きが簡単でスピーディーな対応が可能である一方で、業者の実態を把握しにくいというデメリットもあります。もし業者の運営しているサイト上に会社の詳細な情報が記載されていなかったり、事業所の所在地が明記されていない場合には悪質業者の可能性があるので利用しない方が賢明です。

 

また住所が記載されているものの、実際にその場所を地図で検索すると事務所が存在していないというケースもあります。こうした情報の確認には10分もかからないので、特に初めて利用する場合には必ずチェックしましょう。

 

2つ目のポイントは「サイトの作りをチェックすること」です。

 

現金化に当たっては免許証のデータなど個人情報のやり取りが不可欠となります。そのため大半の優良サイトはよりセキュリティーレベルの高い「https:」というプロトコルを利用しています。

 

一般的な「http:」を利用している業者はセキュリティーに関する認識が低いと言えるため、他の業者を探すほうが無難であると思います。