キャッシュバック型カード現金化は合法か

全体として見ると「グレーゾーン」にあたるカード現金化サービスですが、基本的にカード現金化には「キャッシュバック型」と「買取り型」と2種類があり、これらはシステムがやや異なるため、合法か違法かという問題も、この2種類によって異なる意見があります。

まずキャッシュバック型について考えてみましょう。
キャッシュバックというシステム自体は家電量販店などでも見られるシステムで、「景品表示法」という法律から見ると決して「違法」ではありません。
「景品表示法」とは販促のためにその商品に景品や賞金をつける際に、公正で正当な販売競争が保たれるよう、それらの景品や商品の金額などを規制する法律です。
これによると景品は取引額の10%以下と定められているのですが、例外として「購入者全員に対して贈呈される場合、10%以上でも良いとされています。
キャッシュバック型カード現金化サービスの場合も、全員に対して行われる「サービス」であるため、この「例外」にあたると考えらるわけです。

またキャッシュバック型の場合、購入した商品は確かに購入者の手に渡ることになるため、「買い物をしたら全員にあたるキャッシュバックという景品がもらえた」というスタイルになり、合法であるとされているのです。

Add a Comment